小学2年生、次女の国語ノートより

今年小学2年生の次女が、昨日、学校から持って帰って来たノートを見せてくれました。

カタカタを思いつくままにたくさん書きなさい、という宿題だったようです。
画像


書かれているカタカナは、「これカタカナで書きます???」と思えるものまで含めて、同じジャンルであったり、しりとり的に繋がっていたり、はたまた全然関係ない言葉に飛んだりしていて、次女の頭の中に思いつくものを全部書き出したようなノートでした。

こんなカタカナが5ページにわたって延々と書かれていて、次女の思考の軌跡を辿り、時折笑いながら見ていましたが、同時にこの想像力には感服しました。

当時の自分には到底ムリだろうと思います。

このノートを見て、別のノートに親からのコメントを記入しなければいけないようなのですが、何て書こうか思案中です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック