正月から痛い出費

年末年始に録画した映像をたくさん抱えたまま
元旦に逝ってしまったハードディスクビデオ。
しかし、まぁ3年で壊れるとは・・・

結局、新しいものを購入することになってしまいました。
今出ている最新機種と比べれば値段は安かったとは言え
それでも購入価格は51,000円。
正月早々、予想外の痛い出費です。
画像


ビデオが壊れてみてわかったのは
ビデオやDVDプレーヤーがいかに「生活必需品」であったか
ということ。DVDすら再生できないということは
小さな子供いる家庭にとってはとっても不自由なことです。
オマケにテレビそのものも映りません。
(これは配線上の理由で、アンテナケーブルをテレビに直接
接続すれば解決するのですが、面倒なのでそのままに
していました)

ところで、新しいビデオを買ってもなお、
3年程度で壊れたビデオに未練タラタラだったので
ビデオを修理してもらうことにしました。
(なんだかこのまま捨てるのはもったいなくて。)

直るか直らないかを診断してもらうために2500円払い
修理の費用が予算に合うなら修理、あまりに高額になる
ようなら廃棄するため、とりあえず診断結果待ちです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック